筋力発揮の脳・神経科学〜その基礎から臨床まで〜

筋力発揮の脳・神経科学

【ヒトの動きの神経科学シリーズ 3巻】

【編著者】
 大築 立志(東京大学名誉教授)
 鈴木 三央(ボバース記念病院リハビリテーション部部長)
 柳原 大(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

【ページ数】 200頁
【図表】 図85 表22 写真24
【発行日】 2017年3月刊行
【価格】 定価3,000円+税

 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!
 
 

 身体の動きは物理現象であり、物理学的法則に従って実行されるものであるが、ヒトの身体の生理学的最終出力は筋が発揮する力、つまり筋力である。物理学的にいえば、力は加速度と質量の積であるから、筋力自体は質量に反比例した加速度しか生み出せない。加速度が積分されたものが速度になり、速度が積分されて位置変化(変位)になる。したがって、動きの速さや、動きの結果である変位のコントロールは、脳を中心とする神経系の働きによって筋力を様々に組み合わせることで実現する。いわば筋力は、脳と動きをつなぐキーチェーンであり、筋力発揮性能の良否は動きの良否に大きな影響を与える。
 病気や怪我からの回復や高齢者の生活においてまず必要なのは自分の身体を支え、物を持ち運ぶ筋力である。治療やリハビリテーションにおける筋力発揮能力の向上は、その後の動きの回復のために基本的に重要な課題である。病人やけが人でなくても、病人・怪我人・高齢者などの身体弱者の介助や荷物の持ち運び、家具の移動などをはじめ、あらゆる生活場面において、力は小さいより大きい方が有利である。スポーツでも、重量挙げをはじめ、陸上競技の砲丸投げなどの投擲種目、走り幅跳びなどの跳躍種目のように筋力の大きさが決定的に重要な競技があり、そのほかの競技でも最大筋力は小さいより大きい方が有利である。しかし、日常生活や労働作業やスポーツにおいてよい成績をあげるためには、最大筋力だけではなく適切な大きさの力を適切な時刻に出すといった臨機応変の筋力調節が必要不可欠であり、それはまた、身体エネルギーの効率的使用と疲労の軽減という観点からも重要である。
 このような様々な筋力発揮は、脳を中心とする神経の働きによってはじめて可能になる。ヒトは他の哺乳動物と相同の、個体の保存と種の保存という生物の目的に合致した身体の構造と機能を持っており、その脳もまたそのような構造と機能に合わせて進化してきたと考えられる。従って、繊細な筋力調節を要するヒト特有の精緻な手指動作のみならず、陸生哺乳動物に共通した素早く大きな体肢筋力発揮による全身運動についても、脳は重要な働きをしているはずである。
 日常生活では速度や変位のコントロールが作業成果に直接関係するため、神経科学でも速度や変位と脳との関係が着目されることが多い。そのため、筋力自体を対象とした研究が少ないきらいがあるが本書では、上述の観点から、ヒトの動きを生み出す基となる筋力そのものに焦点を当て、神経科学的観点から考えてみようとするものである。
 内容の大まかな区分としては、1章で筋力発揮の基礎的神経機構について、2-4章では筋力の随意調節、5-6章では動きのための筋力発揮、7-8章で筋力発揮能力の個体内変動(トレーニングと疲労)、そして9-12章で筋力異常を引き起こす神経障害とその治療についてまとめてある。
 本書がヒトの筋力発揮というものの神経科学的特性を再考するきっかけとなれば幸いである。

編者代表
大築 立志

 

 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!
 

【目次】


【筋力発揮の基礎的神経機構】

1章 運動単位からみた筋力制御の基本特性          正門 由久

 1.運動単位

 2.運動単位の発射調節

 3.運動単位の同期発射

 4.Plateau potential

 5.脳波—筋電図コヒーレンス


【筋力の随意調節】

2章 筋出力の随意調節          大築 立志

 1.力の主観的調節—受動的力感覚と能動的力感覚

 2.実際の運動場面における力の調節

 3.種々の主観的な筋力のグレーディング特性

 4.タイミングよく正確な力を発揮する

 5.伸張反射に対する時間的予測の影響

 6.時間的構えの持続時間


3章 負荷予測と筋力発揮:筋出力の準備と修正          河辺 章子

 1.日常生活における負荷予測

 2.筋出力の内的準備状態について

 3.負荷予測が間違っていた場合の反応と修正

 4.筋出力量の修正と切り換え


4章 複数筋の同時収縮による発揮筋力の低下          谷口 有子

 1.両側体肢の同時動作時の発揮筋力

  (1)両側性機能低下

  (2)両側性機能低下とスポーツ

  (3)両側性機能低下とトレーニング

  (4)両側性機能低下に及ぼすトレーニング効果の神経機構

 2.複数指の同時活動時の発揮筋力

  (1)遠心性協同筋抑制

  (2)周辺抑制

  (3)複数指の同時活動時の発揮筋力とトレーニング


【動きのための筋力発揮】

5章 摘み力の制御          木下 博

 1.摘みと握り

 2.摘み力の制御

 3.摘みの筋活動と筋シナジー

 4.指先の感覚受容器と求心性神経活動機能

 5.摘み運動の中枢機能


6章 素早い筋力発揮に先行する筋放電休止          矢部京之助

 1.筋力発揮直前の抑制現象(動作前サイレントピリオド)

 2.動作前サイレントピリオドの特性

 3.対側肢に出現するサイレントピリオド(素早い動作は抑制から始まる)

 4.動作前サイレントピリオド出現の検証

  (1)筋レベル

  (2)脊髄レベル

  (3)大脳レベル

 5.動作前サイレントピリオドと類似なサイレントピリオド


【筋力発揮能力の個体内変動】

7章 筋力トレーニングの神経機構          吉武 康栄

 1.表面筋電図による筋力トレーニング効果(最大筋力増加)の生理学的メカニズムの解明

 2.ワイヤー筋電図によるトレーニング効果(最大筋力増加)の生理学的メカニズムの解明

 3.運動制御能力に対する筋力トレーニングの効果

 4.運動単位レベルでのメカニズム解明の限界と今後の展望

 5.大脳レベルにおけるトレーニング効果のメカニズム

 6.今の流行りと今後の課題


8章 筋疲労の神経機構          髙橋 恭平

 1.筋疲労

 2.中枢性疲労と末梢性疲労

 3.生理的限界と心理的限界

 4.筋疲労に伴う筋活動の変化

 5.筋疲労に伴う脳活動の変化


【筋力異常を引き起こす神経障害とその治療】

9章 整形疾患のスポーツ障害のケースでの筋力回復          伊藤 克浩・山口 潤

 1.身体アライメントと効率の良い筋力発揮について

 2.ラグビー特有のスキル・プレーと必要な身体的・運動学的要素

 3.アスリートのリハビリテーション計画

  (1)コアトレーニング

  (2)予期的姿勢調節(anticipatory Postural adjustments:APAs)

 4.ケース・スタディ

  (1)症例Ⅰ・右肩反復性脱臼術後


10章 学童期の脳性麻痺患者の治療を通して~バランスと筋力~          北原 エリ子

 1.脳性麻痺児における筋力発揮能低下の病態

  (1)脳性麻痺児の分類

  (2)痙直型脳性麻痺児の筋力発揮能低下の病態

  (3)ディスキネティック脳性麻痺児の病態

  (4)脳性麻痺児の筋・姿勢制御機構の発達

 2.脳性麻痺児に対する機能活動獲得を目標としたリハビリテーションアプローチ

  (1)症例Ⅰ・脳室周囲白質軟化症

  (2)症例Ⅱ・核黄疸


11章 パーキンソン病における筋力低下の原因と治療          野垣 宏

 1.パーキンソン病とは

 2.パーキンソン病に筋力低下は存在するのか

 3.パーキンソン病には運動速度依存性の筋力低下が存在する

 4.パーキンソン病における速度依存性筋力低下は疾患固有の症候である

 5.体幹の筋力と姿勢異常,起居動作障害との関連

 6.筋力低下は経過とともに質的に変化する

 7.パーキンソン病における筋力低下の治療


12章 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とその治療法          郭 伸

 1.ALSの臨床像

 2.ALSの病理像

 3.病因メカニズム

  (1)ALSの分子病態

  (2)孤発性ALSの分子病態

  (3)孤発性ALSと遺伝性ALSの異同から

 4.ALSの分子病態


 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!