高齢者の体力および生活活動の測定と評価

高齢者の体力および生活活動の測定と評価

【監修】
 出村 慎一
  筑波大学大学院体育科学研究科博士課程修了
  金沢大学大学院自然科学研究科教授、教育学博士
  健康体力学 専攻
【編集】
 宮口 和義
  金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了
  石川県立大学生物資源環境学部教養教育センター教授、博士(学術)
  健康科学・運動学・測定評価 専攻
 佐藤 進
  金沢大学大学院社会環境科学研究科博士後期課程修了
  金沢工業大学基礎教育部修学基礎教育課程生涯スポーツ教育准教授、博士(学術)
  健康科学・測定評価 専攻
 佐藤 敏郎
  金沢大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了
  新潟医療福祉大学准教授、博士(学術)
  健康科学・測定評価 専攻
 池本 幸雄
  金沢大学大学院自然科学研究科博士課程
  国立米子工業高等専門学校 教養教育科教授、博士(学術)
  体力科学・体育科教育 専攻
【執筆者】
 山次 俊介 福井大学医学部医学科准教授
 山田 孝禎 福井大学教育地域科学部講師
 野口 雄慶 福井工業大学産業ビジネス学科准教授
 高橋 憲司 帝京平成大学地域医療学部柔道整復学科助教
 辛 紹熙 岐阜大学大学院医学系研究科スポーツ医科学分野助教
 長澤 吉則 京都薬科大学基礎科学系健康科学分野准教授
 杉浦 宏季 福井工業大学工学部産業ビジネス学科講師
 松浦 義昌 大阪府立大学地域連携研究機構准教授
 石原 一成 福井県立大学学術教養センター准教授
 横谷 智久 福井工業大学工学部産業ビジネス学科教授
 出村 友寛 仁愛女子短期大学幼児教育学科講師

【発行日】 2015年2月
【判型】 B5
【ページ数】 200
【図表】 図100 表63
【価格】 定価2,600円+税

 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)
 

【序文】

 2013年の厚生労働省の発表によると、日本人男性の平均寿命が初めて80歳を超えた。前年を0.27歳上回り、80.21歳となった。女性は前年より0.20歳上がって過去最高の86.61歳となり、2年連続の世界一だった。その背景には、医療技術の発展、栄養状態の改善、住環境の改善など生活環境の充実があり、これらは平均寿命の飛躍的な延長につながっているといえよう。このような社会にあって“サクセスフル・エイジング(健康的な老い)”は高齢者個人にとっても、また社会にとっても理想といえるが、高いQOL(Quality of Life)を維持しながら高齢期を過ごすには、自身の関心や目的、生きがいを実行・遂行・達成するために必要な身体機能や健康状態を有しているかが重要になってくる。
 体力はその重要な資源の1つである。最近では、体力測定は他人と比べることだけではなく、個人内での加齢にともなう体力低下を抑制するために行なうものであるという認識が、高齢者の間にも定着しつつある。よって、特に高齢者の体力測定のニーズが地方自治体の間でも高まってきている。
 体力測定が実施可能な高齢者に対して、いかなる測定を行うかは、実は簡単ではない。高齢者の場合、青年期のような“より強く、より高く、より速く”といった価値観ではなく、自立した日常生活を営むのに必要な身体能力が十分備わっているかが重視される。高齢期では、様々な身体機能が低下するが、その様態の個人差は拡大する。 また、身体諸機能のうちどれか1つが、自立生活を営むうえで障壁となるまで低下していると日常生活動作の成就は困難となる。したがって、体力要素一つひとつを全面的に 捉えることよりも、様々な体力要素が総合的に発揮される日常生活動作が成就できるか否かという観点で測定することの重要性が高くなる。しかし、高齢者の体力の測定と評価についてまとめた本は、これまでほとんど刊行されておらず、一般成人を対象にした測定評価のマニュアルを参考にするしかなかった。
 本書「高齢者の体力および生活活動の測定と評価」は、高齢者の健康づくりにかかわっている健康スポーツ科学、体育科学、社会福祉学などを専攻する学生、医師や理学療法士、作業療法士、健康運動指導士、健康運動実践士などを対象として執筆したものである。執筆者は編著者を中心に若手新進気鋭の研究者によって構成されており、高齢者の体力および生活活動力、さらに精神的健康度の測定と評価に関して、これまでの理論や研究成果をもとに書かれている。本書の内容を大別すると、[Ⅰ] サクセスフル・エイジングと高齢者の体力評価との関わり、[Ⅱ]高齢者の身体機能の測定と評価、[Ⅲ]高齢者の生活活動力および転倒リスクの測定と評価、[Ⅳ]高齢者の精神的健康度の測定と評価、[Ⅴ]高齢者体力測定における諸注意と結果のフィードバックの5部から成っている。特にⅡ—Ⅳ部は現場ですぐに活用してもらえるようにマニュアル本を意識した構成となっている。必要な箇所から随時読み進めていただきたい。本書が高齢者の健康づくりのために少しでも貢献できればと願っている。

2015年1月
 出村 慎一
 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)
 
【目次】
 
序文

Ⅰ部 サクセスフル・エイジングと高齢者の体力評価との関わり

1章 日本の高齢化社会の現状と高齢者に対するヘルスプロモーション  佐藤 進・山次 俊介
 1.日本社会の高齢化の実態
 2.サクセスフル・エイジングが目指すもの
 3.年齢段階に応じたヘルスプロモーションとサクセスフル・エイジング
 4.高齢期における自立水準の多様化—活動体力水準と生活空間からみた高齢者の状態—
 5.各年齢段階におけるヘルスプロモーションと体力評価の目的・考え方
  (1)ヘルスプロモーションと身体機能の測定・評価における特異性
  (2)体力(身体機能)の評価方法の特異性

2章 高齢者の捉え方ー高齢期にみられる種々の特徴ー  佐藤 進
 1.年齢的な定義・区分
 2.高齢期にみられるさまざまな“老化”
  (1)身体的・生理的変化
  (2)高齢者の体力の変化
  (3)高齢者の抱える健康上の問題
 3.高齢期におけるライフイベントとそれに対する個人的・社会的適応

3章 体力の概念と各年齢段階における特徴  山次 俊介・佐藤 進
 1.体力とは
 2.体力の加齢変化の特徴
  (1)幼児期・児童期・青年期
  (2)青年期・壮年期・中年期・高齢期
  (3)高齢期における体力の変化
  (4)年齢段階別の体力特性のまとめ
 3.高齢期に必要な(重要視すべき)体力
  (1)健康関連体力
  (2)転倒関連体力
    1)移動・移乗能力
    2)転倒回避能力
  (3)自立に必要な体力(運動器)
  (4)自立水準の違いによる体力(行動体力)の特異性
    1)身体的エリート高齢者の行動体力
    2)日常生活自立・要介護・寝たきり高齢者の行動体力
  (5)日常生活動作(ADL)能力と活動体力

4章 高齢者の体力評価の考え方  佐藤 進・山次 俊介
 1.高齢者の体力水準による分類と体力テストの関係
 2.自立水準(身体機能水準)に応じた体力測定項目
 3.体力テストの目的と限界
  (1)体力テストの目的・意義
  (2)体力テストの限界

Ⅱ部 高齢者の身体機能の測定と評価

1章 筋力の測定と評価  山田 孝禎
 1.筋力の測定の意義と種類
  (1)筋力測定の意義
  (2)筋力測定の種類
 2.筋力測定評価の実際
  (1)握 力
  (2)膝関節伸展筋力
  (3)最大歩幅テスト
  (4)椅子立ち上がりテスト
  (5)上体おこし

2章 柔軟性の測定と評価  宮口 和義
 1.柔軟性の測定の意義と種類
  (1)柔軟性測定の意義
  (2)柔軟性測定の種類
 2.柔軟性測定評価の実際
  (1)バックスクラッチ(上肢柔軟性)
  (2)長座体前屈
  (3)シットアンドリーチ(椅座位体前屈)
  (4)足関節柔軟性テスト

3章 全身持久力の測定と評価  池本 幸雄
 1.全身持久力の測定の意義と種類
  (1)全身持久力測定の意義
  (2)全身持久力測定の種類
 2.全身持久力測定評価の実際
  (1)6分間歩行(6MWD: 6-minute walking distance)
  (2)シャトル・スタミナ・ウォークテスト(SSTw:Shuttle Stamina Walking Test)

4章 調整力の測定と評価  野口 雄慶
 1.平衡性の測定と評価
  (1)平衡性測定の意義と種類
    1)平衡性測定の意義
    2)平衡性測定の種類
  (2)平衡性測定評価の実際
    1)開眼片足立ち
    2)ファンクショナルリーチ
    3)継ぎ足歩行
  (3)足圧中心動揺検査
  (4)指標追従ステップテスト
 2.敏捷性の測定と評価
  (1)敏捷性の測定の意義と種類
    1)敏捷性測定の意義
    2)敏捷性測定の種類
  (2)敏捷性測定評価の実際
    1)全身反応時間(跳躍反応時間)
    2)単純および選択反応時間(光・音)
    3)ステッピング
 3.巧緻性の測定と評価
  (1)巧緻性の測定の意義と種類
    1)巧緻性測定の意義
    2)巧緻性測定の種類
  (2)巧緻性測定評価の実際
    1)ペグ移動テスト
    2)筋力発揮調整能テスト  長澤 吉則

5章 身体組成の測定と評価ー体脂肪,筋量,骨量ー  野口 雄慶
 1.身体組成の測定の意義と種類
  (1)身体組成測定の意義
  (2)身体組成測定の種類
 2.身体組成測定評価の実際
  (1)生体電気インピーダンス(BIA)法(脂肪量・筋量)
  (2)皮下脂肪厚法(キャリパー法)(脂肪量)
  (3)QUS(Quantitative Ultrasound)法(骨量)

6章 バッテリテストー体力、身体活動力の総合評価ー  佐藤 敏郎
 1.文部科学省「新体力テスト(65歳~79歳対象)」
  (1)握力
  (2)上体おこし
  (3)長座体前屈
  (4)開眼片足立ち
  (5)10m障害物歩行

Ⅲ部 高齢者の生活活動力および転倒リスクの測定と評価

1章 活動力の測定と評価  辛 紹煕・杉浦 宏季
 1.活動力測定の意義と種類
  (1)活動力測定の意義
  (2)活動力測定の種類
 2.活動力測定評価の実際
  (1)10m障害物歩行
  (2)歩数計による身体活動量計測
  (3)歩行速度
  (4)Time Up & Go (TUG)テスト
  (5)歩容分析

2章 生活活動動作(ADL)の測定と評価
 1.生活活動動作の測定の意義と種類
  (1)ADLの測定の意義
  (2)ADL測定の種類
 2.生活活動動作測定評価の実際
  (1)都老研式活動能力指標
  (2)文部科学省ADLテスト

3章 転倒リスクの測定と評価  横谷 智久・杉浦 宏季
 1.転倒リスクの測定の意義と種類
  (1)転倒リスク測定の意義
  (2)転倒リスク測定の種類
 2.転倒リスク測定評価の実際
  (1)東京都健康長寿医療センター研究所「転倒リスクアセスメント表」
  (2)転倒スコア
  (3)出村の転倒リスクアセスメント
  (4)閉じこもりアセスメント表

Ⅳ部 高齢者の精神的健康度の測定と評価  松浦 義昌

1章 生活の質(QOL)の測定と評価
 1.QOLの測定の意義と種類
  (1)QOL測定の意義
  (2)QOL測定の種類
 2.QOL測定評価の実際
  (1)WHO/QOL-26(WHO/QOL短縮版)
  (2)SF-36 (MOS Short-Form 36 Item Health Survey)
  (3)EuroCol (ユーロコール:EQ-5D)
  (4)生活満足度尺度(Life Satisfaction Index:LSI)
  (5)PGCモラールスケール

2章 抑うつ度の測定と評価
 1.抑うつ度の測定の意義と種類
  (1)抑うつ度測定の意義
  (2)抑うつ度測定の種類
 2.抑うつ度測定評価の実際
  (1)GDS-15 (Geriatric Depression Scale)
  (2)CES-D (The Center of Epidemiologic Studies Depression Scale)
  (3)SDS自己評価式抑うつ性尺度(Self-rating Depression Scale)

3章 認知機能の測定と評価
 1.認知機能測定の意義と種類
  (1)認知機能測定の意義
  (2)認知機能測定の種類
 2.認知機能測定評価の実際
  (1)改訂長谷川式簡易知能評価スケールHDS-R)
  (2)MMSE (Mini-Mental State Examination
  (3)TMT (Trail Making Test)
  (4) Montreal Cognitive Assessment 日本語版(MoCA-J)

4章 ストレスの測定と評価
 1.ストレス測定の意義と種類
  (1)ストレス測定の意義
  (2)ストレス測定の種類
 2.ストレス測定評価の実際
  (1)日本語版HSCL(Hopkins Symptom Checklist)ストレス自己診断
  (2)SACL日本語版J-SACL(Stress Arousal CheckList)による情動語によるストレス診断テスト
  (3)高齢者の入院時不安の検討
  (4)独居高齢者のストレスとQOLとの関係
  (5)唾液アミラーゼモニターによるストレスの評価

Ⅴ部 高齢者体力における諸注意と結果のフィードバック

1章 高齢者の測定に際して理解しておくべきこと  石原 一成
 1.測定項目の選定について
 2.測定時の一般的注意事項
 3.測定評価上の留意点
 4.測定現場での注意事項
 5.測定の実際(流れ)
  (1)事前のチェックと説明
  (2)準備運動
  (3)測定
  (4)整理運動
  (5)測定結果のフィードバック

2章 高齢者の活動体力測定結果のフィードバック  山次 俊介
 1.活動体力測定の有益性とフィードバック
 2.活動体力測定結果のフィードバックの三大原則
 3.わかりやすいフィードバックのための工夫
 4.フィードバックの実際
 
送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)