アダプテッド・スポーツの科学~障害者・高齢者のスポーツ実践のための理論~

book0013.jpg
【編集者】
 矢部 京之助(大阪体育大学大学院スポーツ研究科教授 名古屋大学名誉教授)
 草野 勝彦(宮崎大学教育文化学部教授)
 中田 英雄(筑波大学人間総合科学研究科心身障害学系教育開発国際協力研究センター センター長、教授)
【発行日】 2004年10月28日
【ISBN】 4-902109-01-8
【判型】 B-5
【ページ数】 288
【図表】 172
【価格】 定価3,800円+税

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

 

【まえがき】
 アジアで最初の第9回障害者ヘルスフィットネス国際会議(9th ISAPA, 1993; 名誉総裁寛仁親王殿下)が横浜市で開催されてから、10年を過ぎようとしている。本書は、その記念事業の一環として出版されたものである。

 1977年にカナダのケベックで産声を上げたISAPAは、2年毎に世界の各地で開催され、障害者の体育・スポーツの発展に寄与してきた。2003年の夏には、再びアジア(ソウル、14th ISAPA)に戻ってきた。横浜の地で蒔いた小さな種は、アジア諸国に芽を出し開花しつつある。この折りに、わが国のアダプテッド・スポーツ科学の現状を見つめ、更なる発展の糧とするために本書を世に問う次第である。

 アダプテッド・スポーツの研究は発展の途上にある。国際障害者ヘルスフィットネス連盟(IFAPA)にしても設立して四半世紀に過ぎず、アジア障害者体育・スポーツ学会(ASAPE)とて、1986年に旗揚げしたばかりの発育期で、成人の域に達するにはほど遠い状況にある。例えば、人文・社会科学から自然科学までを網羅する研究者が一堂に会して学術大会を開くため、議論は拡散し、焦点化しないことが多い。したがってディスカッションは表面的になり、自身の専門性を深めるまでに至らないのである。
 また、アダプテッド・スポーツの実践研究と基礎研究、つまり実践と理論の間に大きな溝が横たわっている。アダプテッド・スポーツ研究が未熟な段階にあることは否めないが、だからこそ、この分野を志す者にとってはそれがひとつの魅力になっている。分野の違いを越えて相互理解を図り、実践と理論の溝をうめるためには、客観的な資料に基づいて心身に障害のある人や高齢者のニーズに応える研究が不可欠である。このような学術発表の増えることを期待して止まない。

 アダプテッド・スポーツの状況を舞台の演出に見立てると次のようになろう。ステージの中央に立ってスポットライトを浴びるのは障害のある人や高齢者などのスポーツや身体活動であり、色鮮やかなスポットライトを当てる役は裏方の実践家や研究者である。スポットライトの種類は、体育学やら、教育学や、社会学や、心理学、生理学、バイオメカニクス、工学、医学、その他の分野であり、それぞれのスポットライトがスターに向けられる。スポットライトの数が多ければ多いほどスターは引き立つ訳である。

 本書は、障害者・高齢者のスポーツ実践を進める際の科学的支援について、多くの視点から著したものである。アダプテッド・スポーツに関わる人たちのハンドブックとして役立つことを願う次第である。

平成15年7月吉日

編集者 矢部 京之助・草野 勝彦・中田 英雄

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

【目次】
序章 アダプテッド・スポーツとは何か        矢部 京之助

  1. 障害者の体育・スポーツ活動
  2. アダプテッド・スポーツの提唱
  3. スポーツ科学のサポート

1章 アダプテッド・スポーツの科学的支援     中田 英雄

[1]    アダプテッド・スポーツの科学的支援の意義と内容

  1. アダプテッド・スポーツの科学的支援の意義
  2. アダプテッド・スポーツの科学的支援の内容

[2]    アダプテッド・スポーツの支援に関係する内外の学術団体の紹介

  1. アジア障害者体育・スポーツ学会
  2. 障害者ヘルスフィットネス国際連盟
  3. 医療体育研究会
  4. 日本障害者体育・スポーツ研究会
  5. 日本障害者スポーツ研究会(旧:日本車椅子スポーツ研究会)

2章 アダプテッド・スポーツ発展の社会的背景

[1]    競技スポーツとして発展したアダプテッド・スポーツ <藤原 進一郎>

  1. 競技スポーツが障害者に与える意義
  2. 国際的な発展
  3. 国内の発展
  4. 国内における障害者のスポーツ振興を支えるもの

[2]    学校体育として発展したアダプテッド・スポーツの歴史的背景 <草野 勝彦>

  1. 戦前の体育と障害児
  2. 戦後の体育と障害児
  3. 養護学校設置義務(昭和54年)以降の体育
  4. 生きる力と体育
  5. ノーマライゼーションと体育
  6. 教員養成システムの問題点

3章 アダプテッド・スポーツと障害者・高齢者の福祉     草野 勝彦

  1. リハビリテーションとアダプテッド・スポーツ
  2. 健康増進、社会参加とアダプテッド・スポーツ
  3. QOLの向上とアダプテッド・スポーツ
  4. アダプテッド・スポーツとノーマライゼーション社会の実現

4章 健康とアダプテッド・スポーツ

[1]    アダプテッド・スポーツが心身の健康に及ぼす効果 <梶岡 多恵子・都竹 茂樹>

  1. 運動の効果
  2. 運動不足が障害者に及ぼす影響
  3. 運動が障害者の心身の健康に及ぼす影響

[2]    免疫・防衛体力 <都竹 茂樹・梶岡多恵子>

  1. 体力とは
  2. 免疫とは
  3. 運動が障害者の防衛体力に及ぼす影響とオーバートレーニング

[3]    アダプテッド・スポーツとスポーツ障害 <松葉 泰昌>

  1. スポーツにおけるケガについて
  2. アダプテッド・スポーツにおけるケガについて
  3. アダプテッド・スポーツの競技者の特性
  4. アダプテッド・スポーツを始めるにあたって

5章 体力・運動能力の向上とアダプテッド・スポーツ

[1]    障害者のトレーナビリティ <矢部 京之助>

  1. 身体の適用作用
  2. トレーニングの負荷条件と効果の現れ方
  3. トレーナビリティを高める神経系の可塑性

[2]    障害者の筋力・瞬発力の発達とトレーニング効果 <植木 章三>

  1. 脊髄損傷等の下肢麻痺障害者
  2. 血管障害等の片麻痺障害者
  3. 脳性麻痺者、他

[3]    障害者の持久力の発達とトレーニング効果 <村木 里志>

  1. 持久力とは
  2. 肢体不自由者の全身持久力の発達

[4]    障害者のバランスの制約とそのトレーニング <奥住 秀之>

  1. 知的障害者、自閉症、ダウン症のバランス
  2. バランストレーニングと支援

[5]    障害者の身体柔軟性の発達とトレーニング効果 <村木 里志>

  1. 柔軟性とパフォーマンス
  2. 柔軟性とケガの予防
  3. 柔軟性トレーニングとその効果

[6]    障害者の敏捷性の発達とトレーニング効果 <岡川 暁>

[7]    障害者の体力・運動能力と生活能力(ADL、就労) <柿山 哲治>

[8]    障害者の体力・運動能力と競技力 <桜井 伸二・羽柴祐之介>

  1. 障害者の体力と体力テスト
  2. 障害者の最大酸素摂取量
  3. スポーツ中の運動強度
  4. 運動時間とエネルギー発揮特性
  5. 障害レベルと体力

[9]    高齢者の体力・運動能力 <道用 亘>

  1. 体力・運動能力
  2. 歩行能力
  3. 高齢者のアダプテッド・スポーツ

[10]    障害者のスポーツトレーニング理論 <魚住 廣信>

  1. トレーニングとは
  2. トレーニングの原則
  3. 5W1Hの原則

6章 アダプテッド・スポーツとリハビリテーション

[1]    リハビリテーションの原理とアダプテッド・スポーツ <美津島 隆・田島 文博・大川 裕行>

  1. アダプテッド・スポーツとリハビリテーション
  2. アダプテッド・スポーツの現状

[2]    上肢機能のリハビリテーションとアダプテッド・スポーツ <伊藤 倫之・大川 裕行・美津島 隆・田島 文博>

  1. 上肢機能向上のためのリハビリテーション
  2. 上肢機能とアダプテッド・スポーツ
  3. 上肢特有の運動時の注意事項

[3]    移動能力のリハビリテーションとアダプテッド・スポーツ <大川 裕行・美津島 隆・田島 文博>

  1. 移動能力向上とスポーツ
  2. 移動能力を競うアダプテッド・スポーツ
  3. リハビリテーションから見たアダプテッド・スポーツの効果と必要性
  4. 運動時の注意事項
  5. 脊髄損傷者特有の注意事項
  6. 脳血管障害特有の注意事項
  7. 脳性麻痺特有の注意事項
  8. 障害者のスポーツ活動の現状と課題

7章 アダプテッド・スポーツとレクリエーション

[1]    障害者におけるレクリエーションの意義 <野村 一路>

  1. レジャー・レクリエーションの意義
  2. 何らかの障害のある人にとってのレクリエーションの意義

[2]    高齢者のレクリエーションにおけるアダプテッド・スポーツ <綿 祐二・茅野 宏明>

  1. レクリエーション理念の歴史的変遷:教育領域から福祉領域へ
  2. 高齢者福祉領域におけるレクリエーション

8章 アダプテッド・スポーツとレクリエーション

[1]    アダプテッド・スポーツを通しての自己実現 <中田 英雄>

  1. ゴールドシュタインの提唱した自己実現
  2. マスローの提唱した自己実現
  3. スポーツを通しての自己実現

[2]    アダプテッド・スポーツを通しての自己表現 <岩岡 研典>

  1. アダプテッド・スポーツを通して身体に気づき、新しい可能性を発見する
  2. 受容的な環境のなかで、新たな可能性を拓く自己表現を試みる
  3. 自己表現から自己実現へ

[3]    車いすマラソンを通しての私の自己実現 <山本 行文>

9章 アダプテッド・スポーツとノーマライゼーション社会の実現

[1]    ノーマライゼーションの潮流とアダプテッド・スポーツの発展 <金田 安正>

  1. 世界に広がった思想-ノーマライゼーション-
  2. アダプテッド・スポーツの国際的な流れ
  3. 日本の流れ
  4. 今後の課題

[2]    アダプテッド・スポーツが社会に与えた影響 <藤田 紀昭>

  1. 高まるアダプテッド・スポーツへの関心
  2. スポーツとしてのアダプテッド・スポーツ
  3. 求められる価値観の多様化

10章 女性とアダプテッド・スポーツ

[1]    女性のアダプテッド・スポーツ参加 <谷 幸子>

  1. ライフサイクルの問題
  2. 形態的・生理的特徴の問題
  3. 障害に起因する特有な問題

[2]    女性の心身とアダプテッド・スポーツ <山崎 昌廣>

  1. 女性の運動生理学的特徴
  2. 月経と運動
  3. 妊婦と運動
  4. 女性とスポーツ

11章 アダプテッド・スポーツの法的・行政的支援     田中 信行

  1. アダプテッド・スポーツは誰を対象にしているか
  2. スポーツ振興を行うための法と所管する行政機関
  3. 障害者のためのスポーツ振興に関わる法と施策
  4. アダプテッド・スポーツ発展のための行政面からみた課題

12章 アダプテッド・スポーツにおける指導者システム     高橋 まゆみ

  1. 文化としてのアダプテッド・スポーツ
  2. アダプテッド・スポーツ指導者の現状
  3. 問われる指導者のプロフェッショナリズム
  4. 今後のアダプテッド・スポーツ指導者システムの課題

13章 幼児期のアダプテッド・スポーツ     増田 貴人・七木田 敦

[1]    幼児期の障害児の身体活動の意義と配慮点

  1. 幼児の身体発達における遊びの重要性
  2. 幼児期の発達に配慮した運動遊びへの援助
  3. 身体的不器用な幼児への援助

[2]    幼児期の障害児の運動プログラム

  1. 丸太運び
  2. カエルごっこ
  3. ボールトンネル

14章 学校におけるアダプテッド・スポーツ

[1]    学齢期における障害児の身体運動の意義 <七木田 敦>

  1. 学齢期の障害児の体力・運動能力の特徴
  2. 学校教育における体育科・保健体育科の目標と内容
  3. 「体力づくり」から「動きづくり」へ
  4. これからの学校におけるアダプテッド・スポーツ

[2]    養護学校における体育プログラム <長友 睦美>

  1. 養護学校における体育プログラムの多様性
  2. 知的障害養護学校での実践例(中度重複障害児の例)

[3]    学校体育におけるインクルージョンのプログラム <長曽我部 博>

  1. インクルージョンとは
  2. インクルージョンの学習の進め方

15章 高齢者のアダプテッド・スポーツ

[1]    高齢者における身体運動の意義 <植木 章三>

  1. 高齢者の体力・運動能力の特徴
  2. 高齢者における運動やスポーツの環境と機会について
  3. 高齢者のアダプテッド・スポーツに関する配慮点
  4. 運動やスポーツのプログラムを作る上での留意点
  5. 運動プログラムを高齢者の意見をもとに作成した事例
  6. 生活体育の発想-生活に根ざした運動やスポーツの実践に向けて-

[2]    高齢者のアダプテッド・スポーツ <島岡 清>

  1. 高齢者スポーツの動向
  2. 多くの高齢者が行っているスポーツ種目
  3. 高齢者向け運動プログラムの例

16章 車椅子生活者とアダプテッド・スポーツ

[1]    車椅子生活者における身体運動の意義と配慮点 <村木 里志>

  1. 車椅子生活者の身体運動の意義
  2. 車椅子生活者の身体運動に対する配慮点

[2]    車椅子マラソン <高橋 寛>

  1. 車椅子マラソンの歴史と現状
  2. 車椅子マラソンの特徴
  3. レース用車椅子について

[3]    車椅子バスケットボール <三上 真二>

  1. 車椅子バスケットボールの歴史
  2. 車椅子バスケットボールの主な大会
  3. 車椅子バスケットボールの特有なルール
  4. 車椅子の特徴
  5. 車椅子バスケットボール選手の体力的・精神的評価

17章 脳性まひ者のアダプテッド・スポーツ

[1]    脳性まひ者の身体運動の意義と配慮点 <三田 勝己>

  1. 体力の構成要素の再考
  2. 脳性まひ者の体力特性

[2]    乗馬 <押野 修司>

  1. 障害者の乗馬が生まれた背景
  2. 乗馬の意義
  3. 脳性まひの人たちのためにどのような工夫がなされているか
  4. 乗馬の影響、効果
  5. その他

[3]    脳性まひサッカー <草野 勝彦>

  1. 脳性まひとサッカー
  2. 脳性まひ7人制サッカーのルールの特徴
  3. CPサッカー選手の体力の変化
  4. 障害者とサッカー

18章 視覚障害者とアダプテッド・スポーツ

[1]    視覚障害者の身体運動の意義と配慮点 <中田 英雄>

  1. 視覚障害者の体力・運動能力の特徴
  2. 視覚障害者と運動の機会
  3. 視覚障害者の特性に配慮したアダプテッド・スポーツ

[2]    視覚障害者のアダプテッド・スポーツ <香田 泰子>

  1. 視覚障害者のアダプテッド・スポーツの概要
  2. 視覚障害の程度とアダプテッド・スポーツ
  3. 主なスポーツ種目の紹介
  4. 競技の組織と大会
  5. 今後の発展に向けて

19章 聴覚障害者とアダプテッド・スポーツ

[1]    聴覚障害者の身体運動の意義 <及川 力>

  1. 聴覚障害児・者の体力・運動能力
  2. 聴覚障害者の運動・スポーツ環境
  3. 聴覚障害者の運動・スポーツ環境の改善

[2]    聴覚障害者のアダプテッド・スポーツ <齊藤 まゆみ>

  1. 聴覚障害者のアダプテッド・スポーツにおける道具やルールの工夫
  2. アダプテッド・スポーツの効果
  3. 聴覚障害者のスポーツ大会
  4. 聴覚障害者とパラリンピック

20章 知的障害者とアダプテッド・スポーツ

[1]    知的障害者の身体運動の意義 <安井 友康>

  1. 知的障害者の体力・運動能力の特徴
  2. 知的障害者の運動機会・運動環境
  3. アダプテッド・スポーツの実施における配慮
  4. 健康面への配慮と注意

[2]    知的障害者の高齢者アダプテッド・スポーツ <串間 範一>

  1. 知的障害のある高齢者のスポーツ
  2. 運動の目的
  3. 運動種目の選択
  4. 実践プログラムの例
  5. 援助の基本姿勢
  6. 実践の結果

[3]    スペシャルオリンピックス <林 曼恵>

  1. スペシャルオリンピックスの沿革
  2. スペシャルオリンピックスの特色
  3. スペシャルオリンピックスの競技種目
  4. スペシャルオリンピックスの開催時、場所、参加国と参加選手数

[4]    スポーツチャンバラ <白崎 研司>

  1. さまざまな制約からの解放
  2. スポーツチャンバラの特徴と障害者への有効性
  3. スポーツチャンバラの取り組み方
  4. 実践上の工夫
  5. スポーツチャンバラの効果
  6. 障害者のスポーツチャンバラに対する関心度
  7. スポーツチャンバラの普及

[5]    発達障害児の総合運動プログラム <洪 良子>

  1. 総合的な運動プログラムの意義
  2. 総合的運動プログラムの基本構成
  3. プログラム遂行上の配慮点

21章 自閉症とアダプテッド・スポーツ     長曽我部 博

[1]    自閉症者における身体運動の意義と配慮点

  1. 自閉症者における運動の意義
  2. 運動プログラム作成上の配慮

[2]    自閉症者の運動プログラム

  1. 水泳
  2. サーキットトレーニング
  3. 器械運動
  4. ボール運動
  5. マラソン
  6. 卓球
  7. 表現運動

22章 重度重複障害者とアダプテッド・スポーツ

[1]    重度重複障害者におけるアダプテッド・スポーツの意義 <増田 和茂>

  1. 重度重複障害者とは
  2. アダプテッド・スポーツの意義
  3. 環境
  4. 運動の実際

[2]    重度重複障害児における体育プログラム <長友 睦美>

  1. 重度重複児の体育のねらい
  2. 活動の内容
  3. 評価

[3]    ツインバスケットボール <増田 和茂>

  1. 車椅子ツインバスケットボールのあゆみ
  2. ルールと用具
  3. ツインバスケットとその効果
  4. クラブと組織

23章 精神障害者とアダプテッド・スポーツ

[1]    精神障害者におけるアダプテッド・スポーツの意義 <武田 秀和>

  1. 精神障害者とは
  2. 精神障害者におけるアダプテッド・スポーツの意義
  3. 精神障害者の体力、運動能力の特徴
  4. 精神障害者のスポーツ活動機会、環境状態
  5. 精神障害者のスポーツ活動における配慮事項
  6. 新たなスポーツプログラム作成についての必要事項
  7. 精神病薬服用と副作用

[2]    精神障害者のアダプテッド・スポーツ <坪内 友美>

  1. 精神障害をもつ人の体力の特性
  2. 指導を行うときの工夫
  3. プログラムの特色
  4. プログラムの効果
  5. 今後の課題と発展

24章 障害者とアクア・スポーツ

[1]    障害者におけるアクア・スポーツの意義 <奥田 邦晴>

  1. 浮力の影響
  2. 粘性と凝集性の影響
  3. 水圧の影響
  4. 水温の影響
  5. エネルギー代謝および心拍数に対する影響
  6. 乱流の影響
  7. 支持物がないことによる影響
  8. 過用による影響
  9. 心理的影響

[2]    シンクロナイズド・スイミング <松阪 和子>

  1. シンクロナイズド・スイミングの基本
  2. 障害者シンクロナイズド・スイミングの「ルーティン」
  3. 水中だからこそ活かされる自由な表現

[3]    障害者の水泳 <江上 潤子>

  1. 障害者の水泳指導法
  2. 障害者の水泳の効果
  3. 障害者の水泳競技

25章 障害者とダンス

[1]    インクルーシブ・ダンスの意義 <西 洋子>

  1. お互いの個性を認め合う
  2. 自己を表現する
  3. 共に成長する
  4. 社会へと拓く

[2]    障害者とクリエイティブ・ダンス-創造、即興表現のダンス- <松原 豊>

  1. クリエイティブ・ダンスについて
  2. クリエイティブ・ダンスの要素
  3. 障害のある人達と共に楽しめるクリエイティブ・ダンスの活動例
  4. 活動上の留意点

[3]    障害者と車いすダンス <寺田 恭子>

  1. 車いすダンスの歴史
  2. 競技としての車いすダンス
  3. 車いすダンスの特徴
  4. 車いすダンサーの変化

[4]    車いすダンス教育プログラム開発と評価 <伊藤 えつ子>

  1. 車いすダンス教育プログラムの開発
  2. 車いすダンス教育プログラムの構成
  3. 指導方法
  4. 評価

26章 障害者とアウトドア・スポーツ

[1]    障害者におけるアウトドアの意義と配慮点 <草野 勝彦>

  1. アウトドア・スポーツの種類の拡大
  2. アウトドア・スポーツの特性と意義
  3. 野外教育
  4. アウトドア・スポーツにおける障害者へのサポート

[2]    登山 <壹岐 博彦>

  1. 知的障害児・者にとっての登山の意義
  2. 知的障害児・者への登山支援 ~「おむすび登山会」の例をもとに~
  3. 登山の成果

[3]    スキー <近藤 照彦>

  1. バランスとテクニック
  2. アルペン競技中の心拍数
  3. スピードに対するストレス

[4]    スクーバ・ダイビング <都竹 茂樹・梶岡 多恵子>

  1. スクーバ・ダイビングとは
  2. 障害者のCカード取得システムについて
  3. スクーバ・ダイビングの効用
  4. 障害者のスクーバダイビング
  5. 減圧症
  6. メディカルチェックの重要性
  7. 今後の課題

[5]    マウンテンバイク <岡川 暁>

  1. ホイールチェア・トライアルとは
  2. ルールの一例
  3. 車椅子の一例

27章 障害者とレクリエーション

[1]    知的障害者のレクリエーションプログラム <阿部 一彦>

  1. ニュースポーツの紹介
  2. スポーツ・レクリエーションの背景と展望

[2]    車椅子生活者のレクリエーションプログラム <田中 俊之>

  1. レクリエーションプログラムの形態と課題
  2. レクリエーションプログラムの実際と留意点

28章 ボランティア活動によるアダプテッド・スポーツの支援

[1]    アダプテッド・スポーツにおけるボランティアの意義 <矢吹 知之>

  1. アダプテッド・スポーツにおけるボランティアの分類

[2]    アダプテッド・スポーツのボランティア研修 <金田 安正>

  1. なぜ研修が必要なのか
  2. ボランティア養成研修の実際例

[3]    スペシャルオリンピックスのボランティア活動にみるスポーツ支援の鍵 <仲野 隆士>

  1. スペシャルオリンピックスの組織と競技会の概要
  2. スペシャルオリンピックスのボランティア活動の現状と課題
  3. アダプテッド・スポーツ支援の8つの鍵

29章 パラリンピック

[1]    パラリンピック <藤原 進一郎>

  1. 国際パラリンピック委員会の結成
  2. パラリンピックと組織

[2]    競技におけるクラス分け <大久保 衛>

  1. クラス分けの意義
  2. クラス分けはどのような基準で行われているか
  3. クラス分けの問題点
  4. 今後の課題

30章 内外のアダプテッド・スポーツ大会

[1]    国内の競技団体の紹介 <常見 恭子>

  1. 障害者スポーツ競技団体と全国身体障害者スポーツ大会
  2. 障害者スポーツ競技団体と日本障害者スポーツ協会
  3. 障害者スポーツ競技団体の設立状況
  4. 障害者スポーツ競技団体の活動と組織
  5. 国内大会開催の意義
  6. 今後の課題

[2]    国際スポーツ大会の紹介 <高橋 明>

  1. 国際スポーツ大会開催の意義
  2. 国際スポーツ大会の動向
  3. 国際スポーツ大会の開催に伴う問題と今後の課題

 

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

レビュー(1)

市村出版 :

レビュー情報:ATACK NET
http://www.atacknet.co.jp/revibn10.html#1008