脳百話~動きの仕組みを解き明す~

book0010.jpg
【編著】
 松村 道一(京都大学総合人間学部自然環境学科教授)
 小田 伸午(京都大学総合人間学部自然環境学科助教授)
 石原 昭彦(京都大学総合人間学部自然環境学科助教授)
【発行日】 2003年10月16日
【ISBN】 4-902109-02-6
【判型】 B-5
【ページ数】 224
【図表】 110
【価格】 定価3,000円+税

 

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

 

【はじめに】
 本書は、からだの動きに興味をもつ読者を対象として、中枢神経系と筋の働きを分かりやすく解説したものです。タイトルは何となく際物(きわもの)的なイメージを与えますが、最新の神経科学の成果を網羅した質の高い内容であることを了解して頂けると思います。神経科学や行動科学を学ぶ人だけではなく、運動能力を向上させたい人、リハビリテーションに関係している人、コーチや各種の療法士の方々にも推奨したいと思います。忙しくて神経科学の専門書などをじっくりと読んでいる暇がないという人に便利なように、短いトピックスを満載することにしました。
 最近、C. Leonard博士の「ヒトの動きの神経科学」という本を翻訳出版したときに感じたことは、脳の一般的な解説書はたくさん出回っており、スポーツ生理学の専門書も数多く出版されているのに、運動に関係している脳のメカニズムを主体に解説した入門書がまったく見当たらないということです。単純な運動はいうに及ばず、スポーツの美しいパフォーマンスは脳の総合芸術ともいえますが、この華やかな表舞台を支える脳の機能はほとんど紹介されることがありませんでした。これが、本書の出版のねらいです。 トレーニングやリハビリテーションの実践に、脳のことなど知る必要はないと考える人もいないわけではありません。しかし、車が動くメカニズムを知っていれば、いざ故障したときの対処の仕方に大きな違いが出てくるに違いありません。同じことが、運動の神経機構の知識に関してもいえます。脳のメカニズムから考えて、理にかなったトレーニング法やリハビリテーション法があるはずです。
 このような思いが私の胸中にあった時、ともに前回の翻訳の苦しみを味わったスポーツ科学専門の小田に声をかけ、筋・脊髄の環境適応が専門の石原を加えて、運動の不思議さを演出する神経・筋システムのメカニズムに関する簡単な解説書を出版することにしました。
 本書の特徴・スタイルは、本文をざっと見ていただければ一目瞭然ですが、

  1. ひとつのテーマは見開き2ページの読みきりで構成されていること
  2. どこから読んでもよいこと
  3. テーマごとにわかりやすい図や表を付けたこと
  4. 関連するテーマを参照できるように配慮したこと
です。これはインターネットのユーザを意識して、ネットサーフィンと同じ感覚で本書を読み進めることができるように構成したことによります。気の向いたところから読み始め、興味のあるところへジャンプして、気ままに読み進めて下さい。文中に笑いあり、涙あり、感動ありとまではいきませんが、平板な味気ない解説はなるべく避けるようにしたつもりです。ちょっとした暇ができた時に、ご覧頂ければ幸いです。かといって内容に手抜きは一切ありません。できる限り最新の成果を取り入れたつもりです。
 全体として基礎編・末梢編・中枢編・応用編と4部に分かれていますが、これは便宜的なものです。松村・小田・石原が相談して、読者の興味を引きそうなテーマをリストアップしました。内容が重複しているものもありますが、シェフの腕前によってまったく違った味わいに仕上がっているので、それはそれで楽しみにしていただきたいと思います。各テーマの文章は、3つの研究室の大学院生が担当しました。彼ら自身が担当したいテーマを自主的に選んでくれたので(必ずしも原則どおりでないことを内部告発している大学院生もいますが)、それぞれが彼らの専門に適した自信の競作であると信じています。彼らはいつも研究の最先端にいて、最も新しい論文や情報に接していますので、その鮮度は他の本の比較にならないといえます。もちろん我々3人が、内容・表現など全ての面でチェックを行いましたので、最終的な責任は松村・小田・石原に帰するところです。我々3人の役割は、院生たちの無添加・本場ものの料理に、わずかばかりのスパイスを加えたに過ぎません。この場を借りて院生諸君の労をねぎらうとともに、そのバラエティに富んだ力作を世に問う意味で、各項目の文末に担当者の名前を記しました。

京都大学大学院人間・環境学研究科
京都大学総合人間学部認知情報学系
代表 松村 道一・小田 伸午・石原 昭彦

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

【目次】

A: 基礎編

  1. 運動に関係する脳領域は
  2. 脳組織は烏合の衆
  3. 黙って座ればぴたりと当たる
  4. 一次運動野のプロフィール
  5. 補足運動野のプロフィール
  6. 運動前野のプロフィール
  7. 体性感覚野のプロフィール
  8. 頭頂連合野のプロフィール
  9. 前頭連合野のプロフィール
  10. 大脳基底核のプロフィール
  11. 小脳のプロフィール
  12. 脳幹のプロフィール
B: 末梢編

  1. 宇宙では筋肉はどうなるのか
  2. 老化すると筋肉はどうなるのか
  3. ホルモンと仲良しの筋線維
  4. スポーツ選手の筋肉はどう違うのか
  5. 筋線維の大きさには意味がある
  6. 筋肉にも感覚がある
  7. 使えば育つ筋線維
  8. 休めば痩せる筋線維
  9. 高地に住むと筋肉はどうなるのか
  10. 骨格筋収縮のメカニズム
  11. 運動強度で決まる筋線維のはたらき
  12. 運動ニューロンと感覚ニューロンはどう違うのか
  13. 刺激の伝わり方と反射
  14. 神経細胞はどのように筋肉からの情報を得るのか
  15. 多重神経支配から単一神経支配へ
  16. 動作の巧みさを決める神経支配比
  17. 筋の誕生と再生
  18. 骨はなぜ存在するのか
  19. 骨は生きている
  20. 骨粗鬆症とはどんな病気
  21. 寝たきりにならないためには
  22. 運動ニューロンと神経線維の種類
  23. 神経細胞と筋線維の橋渡しをする運動終板
  24. 筋活動と神経細胞の適応
  25. 老化と神経細胞の変性
  26. 宇宙環境と神経細胞の可塑性
  27. 骨格筋の構造
  28. うさぎとかめの筋線維
  29. 尿から骨健康度をチェック
  30. 骨格筋線維のタイプ
C: 中枢編

  1. 力の大きさや方向を決めているのは
  2. 計画した物が勝つ―運動のプログラミング
  3. 名人への道のり(運動学習)
  4. ヒトの利き手はどのようにして決まるのか
  5. ランナーズハイの舞台裏
  6. リハビリテーションと脳損傷―心が神経回路網を再生させる!?
  7. 運動野は融通無碍(1)―神経系の可塑性とリハビリテーション
  8. 運動野は融通無碍(2)―神経系の可塑性と抑制回路
  9. 不動の達人 ―運動イメージ
  10. 運動感覚と運動錯覚
  11. アクティブタッチ ―能動的感覚
  12. 運動と空間認知
  13. 決め技は目で盗め ―ミラーニューロンの話
  14. 見た目にだまされる脳
  15. 思いのままに動くためには
  16. はじめの一歩 ―歩行の発達
  17. 脳は急に止まれない―筋弛緩における運動準備電位
  18. 夢は目玉を駆け巡る ―REM睡眠の話
  19. もしもピアノが弾けたなら―感覚誘導運動と記憶誘導運動
  20. ヒトが二足歩行できるようになったのは
  21. すぐになくなる記憶 ―ワーキングメモリ
  22. 大脳基底核の機能と損傷
  23. 大脳皮質の運動障害
  24. 運動指令はどこから来るのか
  25. 運動の準備は誰がする?(運動前野)
  26. ゴルフ上達の秘伝伝授 ―バリスティック運動
  27. 腕に覚えあり ―運動学習のメカニズム
  28. つまみ食いの計算理論 ―不良設定の問題
  29. アガる人・キレる人 ―感情の運動作用
D: 応用編

  1. 打とうか打つまいか ―バッターの心境
  2. くさい球を投げる ―ピッチャーの心境と配球の妙
  3. 選りどり見どりの選択は迷うもと
  4. 利得か損失か? 注意の効果
  5. 速くやれば上手くいかず、上手くやれば速くできず
  6. バッターの目のつけどころ どうやって見ているの?
  7. 静止視力と動体視力
  8. 動きながらものを見る
  9. よく見ることが上達の近道?
  10. 眼と手の協調
  11. イメージトレーニングは効果があるのか
  12. ヨーイ、ドンの神経機構
  13. 火事場の馬鹿力を調べると
  14. 筋肉は伸びると収縮する
  15. 相反抑制のメカニズム
  16. 35kmの壁
  17. アタマのスタミナ
  18. 無意識の姿勢調節
  19. 神の設計図 ―二関節筋の巧妙さ
  20. 腿を高く上げると速く走れる? ―視覚の限界
  21. 強けりゃいいってもんじゃない―中枢指令の重要性
  22. ヒトの身体にあるバネとは
  23. 左右別々の運動を操るピアニスト
  24. 中枢は何を基準にしている?―force distribution problem
  25. 力発揮と運動単位の活動
  26. 筋が音を発する?
  27. 人は見かけによらぬもの―力発揮に影響を与える要因
  28. 失敗は成功の元 運動学習とコーチングのひみつ
  29. 思わず身体が動く 知覚が先か、反応が先か
  30. 適度な運動で頭がよくなる?

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

レビュー(1)

市村出版 :

レビュー情報: ATACK NET
http://www.atacknet.co.jp/revibn09.html#0906