イラストでみる健康づくり運動指導―保健婦・栄養士・健康づくり指導者のために―

イラストでみる健康づくり運動指導

textbookseries.gif




【著者】 島岡 清 (名古屋大学総合保健体育科学センター 教授)
【発行日】 2001年9月26日
【ISBN】 4-9900743-2-7
【判型】 B-5
【ページ数】 110
【価格】 定価2,000円+税

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

 

【序文】
 「市民健康づくり教室」で運動指導(個人面接と実技指導)を担当するようになってから20年近くになります。その間、保健所や保健センターが地域に提供する健康づくりプログラムの中で運動の持つ役割は飛躍的に増加して来ました。健康づくりの現場で、プログラムの企画や運営に携わっている保健婦や栄養士の方たちと一緒に仕事をする機会も多く、それまで運動指導に関する教育や研修をほとんど受けて来なかったにもかかわらず、運動指導せざるを得ない立場に立たされ困っている方たちの姿も多く見てきました。その方たちのために、運動指導に関する公開講座や研修会を自分なりに行って来ましたが、その度にテキストの必要性を感じていました。運動生理学やバイオメカニクスの立場から、あるいはスポーツ医学や運動療法の立場から書かれた優れた専門書はたくさんありますが、健康づくりの実践現場では思うように役立ってはくれません。そこで本書では、これまで著者が行ってきた健康づくり指導者向けの講義スライドを元にして、特に中年層をターゲットとした運動指導に重点を置いてテキストを作りました。

 Ⅰ部の[基礎編]では運動指導に対する考え方や基礎知識について書きましたが、一般論は少なくして、実際の運動指導の中で得られた具体的データや自分自身の考えに基づいて書くようにしました。

 Ⅱ部の[実践プログラム編]では、実際に保健センターで実施された減量プログラムのデータを元に、栄養指導と運動指導の併用で期待できる効果について具体的に書きました。

 Ⅲ部の[運動実践編]ではストレッチング運動、レジスタンス運動、ボール運動、ウォーキングについてイラストで運動の仕方を示しました。特に運動指導の中で評判の良かったボール運動についてはイラストを多くしました。これらのイラストについては、指導者がコピーにとってプログラム参加者に配るための資料を作ることを念頭に置いて作成しました。

 本書を読み返してみますと、不十分な点もありますが、保健所や保健センターをはじめとする各種健康増進関連施設に勤務する保健婦、栄養士、健康づくり指導者の方々に役立っていただければ著者の喜びとするところであります。

島岡 清

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)

 

【目次】
Ⅰ.基礎編

  1. 健康づくりのための運動指導とは
  2. 運動指導の種類と目的
  3. 対象者の年代別にみた運動指導の目的
  4. 運動と健康との関係
  5. 運動によってどのような体力が改善するのか
  6. 無酸素運動と有酸素運動
  7. 筋肉が収縮するためのエネルギー
  8. 筋肉と筋線維の種類
  9. 無酸素運動(アネロビクス)とは
  10. 有酸素運動(エアロビクス)とは
  11. 無酸素性作業閾値(AT)
  12. 運動強度を表す指標
  13. レジスタンス運動とは
  14. ストレッチング運動とは
  15. スキル運動とは
  16. どのような運動から始めると良いか
  17. 健康づくりに必要な運動の種類
  18. 肥満・生活習慣病予防のための運動プログラム
  19. 筋力・骨強化のための運動プログラム
  20. 加齢による筋力の低下
  21. 身体活動量と体力との関係―加齢による影響―
  22. 運動実施頻度と身体活動量との関係
  23. 運動プログラムと体力との関係
  24. 現在の体力を決める因子
  25. 中高年者の運動実施状況
  26. ウォーキング実施者の特徴
  27. ウォーキングの効果
  28. 健康づくりプログラムにおける運動指導のターゲットは誰か?
  29. 教室での運動指導は運動習慣形成のための動機づけ
  30. 日常生活の身体活動量
  31. 望ましい活動量の目安
  32. 運動が習慣化するまでの過程
  33. 健康づくり活動における施設間の連携

Ⅱ. 実践プログラム編

  1. 実践プログラムの特徴
  2. 実践プログラムの例
  3. プログラム参加中の身体活動量の変化
  4. プログラム参加者のエネルギー摂取量の変化
  5. プログラム期間中の体重の変化
  6. 教室終了後の減量維持状況
  7. 身体活動量別にみた体重変化
  8. 体重以外の指標に対する改善効果
  9. 指導形態の違いによる減量効果の比較

Ⅲ. 運動実践編

[スポーツシューズ]
[スポーツウエア]
[水分補給]
[ストレッチング運動]
[レジスタンス運動]

  1. つま先の上げ下げ
  2. ひざ伸ばし
  3. 椅子からの立ち上がり
  4. 片足立ち
  5. もも上げ
  6. 仰臥姿勢からの足上げ
  7. 仰臥姿勢からのもも上げ
  8. 横臥姿勢からのもも上げ
  9. 四つんばい姿勢からの足伸ばし
  10. 腹筋運動
  11. 腕立て伏せ

[ボール運動]

  1. ボールを使った運動の特徴
  2. どのようなボールが適しているか
  3. ボール運動実施上の注意
  4. ボール運動の実施例
  5. 座位でのボール運動

[ウォーキング]

  1. 基本的なウォーキング
  2. 大股のウォーキング
  3. 腿上げのウォーキング
  4. 大股の斜めウォーキング
  5. 後ろ向きのウォーキング

 

送料無料!郵便振替ならお支払手数料も無料です!!

 

kalibstore クレジットカード、コンビニでの決済をご希望の方はKalib Storeからご注文ください。
(Kalib Storeは株式会社杏林舎が運営する、学術に関わる書籍やアイテムのオンラインストアです。)